MENU

aaaa

%04%現在も%商標%に就いているけれども、違う事業所への転職を考えている。
高齢者の生活の支援を行う仕事であるため、10~50代、%商標%によっては60代まで、幅広い年代の方々に活躍のチャンスがあるのが%商標%です。
高齢化社会の影響もあり、転職市場は%05%動いています。
異業界からでも同業界からでも、%商標%としての転職を考えるにあたって、あらかじめ知っておきたいポイントを、ここではご紹介していきます。
どんな理由で転職を考えたいのかを%05%して、その上で、ご自身の希望を満たせる事業所を転職先に選びましょう。
2000年の介護保険制度の開始によって民間企業による%商標%サービスの提供が全面的に認められるようになり、%05%規模が拡大しました。
転職先を選ぶポイントは、自分のやりたい仕事ができるかどうか、待遇などの条件面で希望に合致しているかどうかの2点と、もうひとつ。
応募先の事業者が優良な事業者であるかどうかを%地域%で確かめる必要があります。
%04%約半数の事業所で離職率10%未満と低い数字でありながら、30%を超える離職率の事業所も全体の30.9%は存在しています。
そうした中で、%商標%員に長く働いてもらうためにさまざまな取り組みを%05%行っている事業所と、手を打てていない事業所との二極化が進んでいるのが%03%。
この事業者固有のこだわりに魅力を感じるか否かで、自分がそこで働きたいか否かを考えられます。
%04%「5年後、10年後の未来に、どのような姿を目指しているか」のビジョンが示されているかどうかに注目しましょう。
その場しのぎの運営ではなく、未来の%05%向けて努力している事業者であることが確認できたら、その%05%共感して%05%頑張っていきたいと思えるかを考えてみてください。
たとえ現状になんらかのマイナス面を抱えていたとしても、改善・改革の努力を続けている事業者は確実に変化していきます。
改革に積極的な事業者は、働くスタッフたちの意見にもきちんと耳を傾ける姿勢を持っているはずです。
理念や方針が明確で、その理念・方針を具現化するための行動までが%地域%で一貫しているかを%03%。
%04%「挨拶を%05%する」という理念でありながら、スタッフはほとんど挨拶をしていない、という場合には一貫性がないと判断できます。
処遇や待遇よりも、この理念に共感できて理念の具現化に向けて%05%努力していけるかどうかが、実は大切なポイントです。
特に、一般学生を%05%採用している事業者では、しっかりとした研修制度を整えているところが多いです。
転職後すぐの育成・教育だけでなく、%地域%で段階的に専門職としてどのように成長していけるか、考えてみましょう。
Hello, world!!